お知らせ

鳳凰について考える!

2019.1.5

今年からのスタートの

自分の在処として選んだ

住処は自由に生きる私にとって

とても過ごしやすい土地!

 

ともすればワンコとしか

会話をしない日も多くありうる 笑

 

せっかくの新しい環境なので

内勤の息抜きに

極寒でも散歩に出かけ

気の流れの良い体と心を保っています。

 

1日8千歩歩くことが目標!

 

近所にはとっても美味しいコーヒー専門店が

あるので時々新聞を読みに行って

ボッーとしてるんです。

(このお店は禁煙なのも嬉しい!)

 

コーヒーカップは全て大倉陶園です。

 

昨日はなんと!

大倉陶園100周年記念の鳳凰の絵柄でした。

金盛上絵金彩手法の陶器です。

これっめっちゃ高いんです!

ペアカップ162,000円(汗)

一口、一口緊張して

コーヒーの香りを楽しみながら

いただきます!

 

写真 2019-01-04 15 02 16.jpg

 

絵柄・・・・

柿右衛門写しで有名な

ヘレンドの「インドの華」に

色出しがとても似てますね!

 

仕事柄陶器には詳しいのだけど

お店の方は私のことは知りません。

なので・・・・

大倉陶園の歴史や作品集などをみせてくれ

丁寧に説明をしてくださります。

 

再度知識の整理整頓。

説明手法の勉強にもなります!

 

昔、薬膳の礎として読んだ

本草網目では

鳳凰についてこう記されていました。

鳳凰は霊泉だけを飲み

60年〜120年に一度実ををつける

竹の実を主食とし梧桐の木にしか止まらない。

聖天子出生の瑞兆とされている。

 

北京留学時には

鳳凰の絵柄の陶器は

殷王朝期のものだと

学びました。

皇室御用達の大倉陶園さんとしては

100年記念と皇太子様の

天皇即位をダブルで祝って

「鳳凰」なんでしょう!

 

霊泉って

灘の地のお水でしょうか?

 

竹の実って食べてみたいです!笑

まさしく不老不死の実

どんな味なんでしょうか?

 

平等院鳳凰堂の絵柄の

十円玉これから大事にしますぅ。