本日のハーブティ

ミントと大葉のキレートティー

キレート化剤とは大気汚染の不純物、放射性物質、食品添加物などそして海産物や畜産物に含まれる微量の金属の定量やその除去などに使われる。 クロロフィルやビタミン B12 などの藻、ケールなどのサプリメントが上げられる。 手短なサプリメントや薬ではなく植物、海藻の素材力で唾液分泌を促す。 内臓の余分な不純物をキレートして自律神経や脳のへんとう体を味覚、臭覚で刺激して身体の活性化しませんか? ミントは気の巡りを良くして気血という血液をサラサラにするといわれています。 大葉は奈良時代から朝廷で薬草として栽培して煎じて身体の不調の際には飲んでいたといわれています。 成分にはビタミン類、ミネラル類。また大葉(青じそ)には、抗酸化物質が多くその有効性として、アレルギー抑制、抗菌作用、防腐作用、美肌効果ダイエット効果、血液さらさら効果、貧血・不眠や夏ばて解消、整腸作用、利尿作用などの効能があるといわれている。

続きを見る

キャラメルホット薬膳レモンティ

キャラメルティーはその香りからリラックス作用そして目や肩のコリストレスが強くなると甘いものが欲しくなるのを抑えてくれる作用もあるといわれています。 爽快さを与える国産有機レモンのクエン酸と酒粕の『レジスタントプロテイン』の高性能な脂質吸着性能そして自発熱を温める働きで春先の末端冷え性、内臓の冷えをスムーズに解消。身体の芯から冷えたとき、疲れを感じる時にどうぞ。 好みではちみつを小さじ1入れてもいいです

続きを見る

新月時期の薬膳ハーブティー

新年度に入り緊張とストレスから胃腸の疲れ眼精疲労に見舞われている方もちらほら。 そんな時は月桂樹のシネオール・オイゲノール・ゲラニオール、テルピネン・ピネンというアロマの作用と神経痛、リウマチ、健胃という内面に穏やかにアプローチしてくれる作用を使い簡単な旬のフルーツを使った薬膳ハーブティーなどいかがでしょうか。 甘いイチゴの香りとクコ実の甘さが後を引きます。

続きを見る

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10