本日のハーブティ

2018年立夏の候下弦の薬膳ハーブティ

露地物栽培のブロッコリーが出回るようになりました。
正に旬のブロッコリー根元ってどうされていますか?
ブロッコリーの根元には花部分よりも多くのビタミンC、葉酸、亜鉛、鉄がたっぷりと
含まれているんです!
中でもスルフォラファンという成分は腸内環境を改善して酵素とうまく合わせることで
腸内フローラを育てる働きがあります。
体内の活性酸素を除去し、有害物質を排出する働きもあるとされています。
また、マグネシウム、カリウム、カルシウム、そしてキャベツの3倍もあるビタミン Cを
多く含んでいるため血管を強くしなやかにしてくれ動脈硬化予防、悪玉コレステロールを
減らす働きもあり、抗酸化作用も高いことからアンチエイジング作用肌荒れ改善にも
一役買ってくれるんです。
もちろん骨も丈夫にしてくれますから骨粗鬆症予防にも最適。
ビタミンC豊富な国産のキウイが多く流通するようになった今時期、気温の上昇及び
急低下で起きがちな身体の熱を取り除き、喉の渇きを改善して気象病から
起きる空咳を抑える働きが高いキウイは酸味が苦手な方も多いと思います。
1冊目の著書にも掲載しておりますが非加熱のハチミツとキウイでキウイ酵素を作り
キウイ酵素にすることで旨味、甘さ、コクを存分に引き出しているのでご安心を!
なんといってもキウイは暑くなると汗で水分を取られて排尿が滞る方むくみがちな方
お肌の毛穴が気になる方に必見な美を司る腎臓機能を帰経して利尿作用を高めてくれます。
日頃、外食で膵臓、胆嚢、肝臓、腎臓に負担をかけている方は身体に酸素をうまく
取り込めなくなる為体質的に肺と腎臓に負担がかかるため湿度、暑さは苦手なのですが
暑くなると代謝が滞り結石、血栓などできやすいです。
そのような方にもキウイは有効とされています。

末端の冷えや筋肉の痛みを取る生姜を合わせて十人十体調に寄り添う
美味しい薬膳ハーブティを考案しました。
貴方のために、そして貴方の大切な人の為にも是非とも作ってお試しください!

効果

末端の冷え改善、背中の痛み、空咳改善、胃腸環境改善、動脈硬化予防、悪玉コレステロールの改善、紫外線防止、肌荒れ防止、がん予防、不眠症改善、体のだるさ、憂鬱改善

材料

材料4人分 調理時間30分

材料4人分

生姜:みじん切り大さじ1

ブロッコリー:1株根元3センチ切り落としたもの 粗みじん切り

キウイ酵素:キウイ1個いちょう切り、小さじ1の非加熱の蜂蜜で混ぜて15分ほど置き酵素を抽出する

スペアミント:ひとつかみ

塩     :ひとつまみ

白ワイン:大さじ2

湯冷まし30℃ :800CC

 

 

 

 

 

 

 

パーソナル薬膳鎌倉rethree&co料理教室はについてのお問い合わせは

https://www.genki-recipe.com/class/index.htm

作り方

作り方

1・鍋にしょうがを入れて極弱火でひとつまみの塩を入れてしっかり水分を出します。

2・ブロッコリー、キウイの下ごしらえしたものを入れてペーストになるまで弱火で加熱します。

3・スペアミントを入れて弱火でさっと混ぜ白ワインをまわし入れアルコールを飛ばす。

4・湯冷ましを少しづつ注ハンドミキサーで混ぜながら6分程抽出する。

5・茶漉しでカップに注ぎ、飲みたいに飲む!

 

題して十人十体調爽快グリンティー