本日のハーブティ

2018年2月日蝕後新月〜上弦時期のフォン

今年3度ある日蝕2018年は先日16日、次回は7月13日最後が8月11日。
日蝕は大々的に整理整頓、体調を整える、自分自身の中のリセット
人間関係の見直し(メンタルの偽善の改善)に
中医学的、四大元素双方に昔から良いとされてきました。
重力、引力、自然の法則を上手く使い
脾臓、副腎、脳下垂体のリペアをしましょう。
そのためには春の味覚といえる「苦」を意識することがマスト!
無農薬の和柑橘かレモンを新月の前後1週間丸ごと太陽月にさらして
置くとフオン(だし汁)で引いたときまろやかな「苦」を演出でき
日本人に多い、気滞、瘀血の体質。脾臓、胃、肝臓、肺に
アプローチして身体の根本的ガス抜きが可能です。
肺にアプローチもできるのでこれから気になる花粉症対策にも!
合わせる野菜は、何があってもブレない心、身体をサポートする
根菜人参、ごぼう、そして元々日本では平安時代から
脾臓、肺、腎臓機能改善の生薬として使われてきた山芋。
タンパク質系はこの時期はどなたも免疫力が落ちがちなので
脂質の多いタンパク質へ避け胃腸に負担なく栄養補給がおすすめ
秋の戻りカツオの厚けづりで腎臓機能の働きを助け
不眠や貧血の改善も促しましょう。

効果

線維筋痛症、デトックス、こわばり、リウマチ、痺れ、冷えのぼせ、空咳、肩こり、背中から肩甲骨のコリを流す、肺潤、美肌、美白、

材料

材料4人分 調理時間88分

材料4人分

人参:中くらいのもの 皮ごと1本5ミリ程度の輪切り

山芋:根元4センチ  皮ごと5ミリ程度の輪切り

ごぼう:スライサーで薄切り 皮ごと大さじ2程度

赤レモン(愛媛産):1個 薄切り輪切り

厚けづり :5グラム(さっとから炒りする)

岩塩  :ひとつまみ

純米酒:真澄カップ1/3

湯冷まし30℃ :1100CC

 

 

 

 

 

 

 

パーソナル薬膳鎌倉rethree&co料理教室はについてのお問い合わせは

https://www.genki-recipe.com/class/index.htm

作り方

作り方

1・鍋に人参を入れて極弱火でひとつまみの塩を入れてしっかり水分を出しします。

2・お酒を回し入れ弱火で混ぜながら醸し焼き加熱する

3・山芋、ごぼう、厚けづりを入れ、蓋をして鍋の中全体に醸しの香りを浸透加熱する

(焦がし過ぎないように気をつけるポイントはカラメル的な甘い焦げ目の香り程度)

4・赤レモンもしくは和柑橘、レモンを入れて湯冷ましを加えじっくり極弱火でフオン

(出しをひく)。

5・そのままフォンだけ飲んでも良いしポトフ風に柚子胡椒を添えていただくのもおすすめ。

  コクが欲しい場合は発酵バター(エシレ)で!