本日のハーブティ

9月下限時期の茄子のデトックスあったかいんだから~ティ

下ごしらえ 茄子の下ごしらえには新物のりんご黄王(きおう)を使用します。 1/4個皮ごとすりおろして、茄子1本1センチ幅のイチョウ切りと共に ボウルに入れ混ぜ合わせ、15分程おいてから水気をぎゅつとしぼり キッチンペーパーで包み、アク、エグミを取ります。

続きを見る

ピオーネとマッシュルームの初秋の満月ティ

湿度の高い、処暑の候秋雨気圧配置の影響でむくみ、頚椎から背中にかけてのこり、耳のつまり、目やに、たんが出やすい。 それらをマッシュルームの身体の水分バ ランスの浸透圧を上げ粘膜を柔軟にする働き、とうもろこしの芯の作用 で利尿 作用をスムーズにしてむくみを解消する、ピオーネの抗酸化ポリフェノールの酸 味と甘みで唾液分泌を促す、しょうがの自発熱を上げて下半身の 保温を持続す るといった今時期の満月のシーズンに身体に寄り添うオーガニック薬膳ハーブティです。

続きを見る

2014年月日食期のキク効くミルクティ

今月は月食、日食と2つの月と太陽の重なりが発生します。 がらっと季節も変わり手先、足先、腰、首、背中、冷えから来る痛みが発生しがち。 また、気温差、湿度差からの不眠、のどの痛みも出やすい。 そんな方にはぴったりのリラックスも伴うオーガニック薬膳ハーブミルクティです☆

続きを見る

3月下弦時期の不調を改善する薬膳ハーブティ

季節の変わり目の天候不良や年度末などの決算時期で 心と体のバランスを崩して風邪ひきさんが増えていますね。 また、めまい、頭痛、胃腸不良などこれらは冬の間に 知らず知らず、糖質と脂質を溜めこみ、冷えを溜めこみ 身体の循環不全を起こしている身体の気づきサイン。 このイチゴマサラハーブチャイを飲んでほっと気分から 上向きにして元気な春を迎えましょう。

続きを見る

2月満月期の薬膳ハーブティ

2月の月の満ち欠け的には昨日が満月。 大きくってキラキラとして、とっても綺麗で文旦みたい~と思っていました。 24節気の暦の上では来週は、啓蟄 (けいちつ) 3/6頃 陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出れば也(暦便覧) 啓蟄は冬眠をしていた虫が穴から出てくる頃という意味。実際に虫が活動を始めるのはもう少し先。柳の若芽が芽吹き蕗のとうの花が咲く頃である。 そろそろ、春めいてきて冬に溜まった脂肪や腫瘍を分解しやすくして、代謝を上げて、紫外線対策も考慮しませんか? ルイボスティを桜の花房で軽く炒るととっても飲みやすくなります。

続きを見る

1月の上弦の時期の薬膳ハーブティ

今年の冬は寒さも厳しく積雪も多くお日様の日差しが少ないですね。 柔らかな冬の日差し、1月の上弦の候の月明かりはその視覚から 外皮を通じて頭上から自律神経に働きかけ次の季節へ前向きになれるもの。 今日のお天気はそのきっかけになるでしょう。 冷えにアプローチして末端冷えを改善するシナモンと健胃作用から冷えを 取り除き筋肉やメンタルを緩めてリラックスさせてウツの改善にも繋がる グローブを合わせた薬膳ハーブティ。 徐々に前向きになって春になると元気復活する薬膳ハーブティです。

続きを見る

10月下弦時期のプラムと吉野葛のジャスミンティ

今年は残暑が激しくその後の気温、湿度の急降下で体調を崩している方が多い様子。 教室に来られる生徒さんもみるからに末端冷えで耳たぶ、鼻が冷たく皮膚の表皮が カラカラ・・・ 空咳もしている状態。そのような10月下弦時期にオススメなプラムと吉野葛のジャスミンティ。 ズバリ、即効性がある様子。足先から温まります。

続きを見る

赤ビーツとローズの美肌ティー

赤ビーツとローズの美肌ティーは肩凝り、冷え、リンパの腫れ、むくみに効果があり、内蔵を温め、胃腸の働きを改善させます。 ★薬膳的効能 → 於血 気虚

続きを見る

ジャスミンリラックス薬膳ハーブティー

9月も半ば。そろそろ予防的に身体の保湿を意識しつつ夏の疲れをしっかりデトックスしましょう。 気温が急に下がったら皆さん身体がギュッと引き締まってしまいます。 冷たいものを取りすぎた今年の夏から初秋。 食事や飲み物が通過する器官咽頭、食道に優しい秋の身体づくりに最適なお茶を紹介します。 ジャスミンの薬膳的効能 体質 気滞  五性  温  五味 辛、甘 帰径 肝、咽頭、食道 香りの王様ジャスミンの花は上品な甘い香りが特徴です。生薬名マリッカといい 胃腸の不具合改善に良いとされていますが香りの作用で脳を刺激して自律神経の バランスを整え食道、咽頭、不整脈にも良いお茶。 身体が引き締まりやすい気滞体質の方にもってこいの素材 ぶどうとセージでさらにリラックスします。

続きを見る

9月の下弦時期に良いハーブドリンク2

九月に入っても真夏日続きでしたがようやく昨日から秋雨模様。 冷たいもののとりすぎで胃腸の具合がすぐれなく口元や背中に湿疹が 出やすい方、また熱がこもりすぎて身体の水分が維持できず毛穴の開き やのどの渇きがが取れない方にお勧めなパセリとセージ、ミントを使った ハーブドリンクです。 ハスカップの酸っぱさが桃の甘い香りと合わさると後引く美味しさです。

続きを見る

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8

高遠智子公式ツイッター 高遠智子facebook公式アカウント
  • お問い合わせ
携帯サイト