本日のハーブティ

レディガガにも飲んでもらいたい節分薬膳ハーブティ

2018年2月3日節分です。
いよいよ明日から暦の上では立春ですが今週末から
来週末までが気圧配置的に寒さのピークと言えるでしょう。

レディガガが発症を公表してから知られるようになった
繊維筋痛症は、自己免疫疾患や脊髄の変性障害などで
発生するとされる全身筋肉痛状態、こわばり、だるさ、しびれ、疲労感が強い
などが特徴ですが膠原病やリウマチなどと同じ粗悪期は冬です。
(私もガンの後遺症で同様の症状があります)

血行を促し、ビタミンAが豊富な大豆(甘)はざくろのエラグ酸(苦)
カリウムと金柑(酸)のビタミンCカロテン、シナモン、八角、クローブと
一緒に取ると筋肉弛緩されて筋肉がしなやかになり身体のコリ痛みを
スムーズに利尿作用で流すことができます。
末端まで血液循環を促し冷えを取るので手先、足先の乾燥改善
冷えだまり状態で偏頭痛や、目の下のクマ、不眠症に陥っている方や
口の中が乾いて津液循環の滞りがある方にもおすすめです。
是非ともお試しください。

効果

線維筋痛症、こわばり、リウマチ、痺れ、冷えのぼせ、空咳、肩こり、背中から肩甲骨のコリを流す、肺潤、美肌、美白、

材料

材料4人分 調理時間30分

材料4人分

生姜:皮ごと針千切り大さじ1

炒り大豆:大さじ1

金柑:4玉 半分に切る、

いちご:4個 薄切り

ローズマリー 1枝:葉を包丁の背で叩いて枝からむしっておく

シナモンスティク  :1本

クローブ:4個

八角  :1個

お酒  :カップ1/3

ざくろジュース :400CC

湯冷まし30℃ :400CC

 

 

 

 

 

 

 

パーソナル薬膳鎌倉rethree&co料理教室はについてのお問い合わせは

https://www.genki-recipe.com/class/index.htm

作り方

作り方

1・鍋に生姜を入れて極弱火でひとつまみの塩を入れてしっかり乾煎りします。

2・ローズマリー、入り大豆、金柑を入れて水分が飛ぶまで弱火で混ぜながら加熱する

3・いちご、スパイス3種を入れ、さらに水分を飛ばして加熱する

4・ざくろジュース、湯さましを入れて時々少し混ぜながら13分ほど弱火で加熱する。

4・茶こしでこしていただく。

 

アレンジレシピ

こした残りはスパイスを取り除きさらに米酢を60CC入れて一煮立ちさせペースト

オリーブオイル大さじ2、塩ひとつまみ混ぜでソースにして使うと良い。