本日のハーブティ

2018年1月小寒の候POWER UP hotスムージ

今日は二十四節気でいう小寒の候。
身体がきしむような寒さですね。
末端からの冷えで足先手先の乾燥、頭上の冷えのぼせ・・・
そしてーーー
年末年始たくさんのご馳走をいただき体重が増えた方、むくみが取れない方、
まだまだお正月モードで睡眠時間のブレがありだるさが抜けない方
あの健胃胃腸薬の成分の主成分!
フレッシュフェンネルは冬が旬なんです。
胃腸を温める働き、健胃胃腸の作用、筋肉をしなやかにして気の巡りを改善
冷えて痛みの伴う肩、腰、背中、ふくらはぎのコリを取り除ぞく力が
フェンネルには多く含まれています。ガツンと使い気が整いPOWER UP。
融合させる相性の良い食材は小豆、赤ビーツ、ゆず。
小豆のサポニンの働きで利尿作用を高めデトックスを促し
赤ビーツとゆずのエキスで造血と血を綺麗に保つ。

内面からの健康美で素晴らしいあなたらしい1年を引き寄せましょう。

効果

末端の冷え改善、気滞改善、免疫疾患冷えによる肩こり、腰痛、背中の痛み改善、貧血改善、美肌、デトックス

材料

材料4人分 調理時間30分

材料4人分

フェンネルの根:ピーラーで筋を取り除き大さじ3 みじん切り

フェンネルが手に入らない場合はフェンネルシード小さじ2

蒸し小豆   : 大さじ 1

赤ビーツ   : 3センチ角粗みじん切り

ゆずの絞り汁 : 60CC

塩      :ひとつまみ

お酒     :大さじ1

水      :1000CC

 

カカオパウダー:少々

 

*好みで仕上げにはちみつカップに小さじ1/3塗りつける

 

 

 

オーガニック薬膳鎌倉rethree&co料理教室はについてのお問い合わせは

http://www.genki-recipe.com/class/index.htm

作り方

作り方

1・ゆずの絞り汁に下ごしらえした赤ビーツを入れてなじませ20分程置く。

2。鍋にフェンネルを入れて弱火でひとつまみの塩を入れてしっかり乾煎りします。

  香りを出し水分をしっかり出します。

3・小豆加え塩をふりさらにじっくり弱火でかき混ぜ皮が剥がれる程度に乾煎りします。

3・極弱火にして1を加えお酒を回し入れて8分程度蓋をして蒸します。

3・60℃の湯冷ましを注ぎ13分ほど極弱火で時々混ぜ抽出させハンドミキサーでスムージにする。

4・カップに注ぎ好みでフェンネルの根、ゆずに皮、カカオパウダーを添えいただく。

 
高遠智子公式ツイッター 高遠智子facebook公式アカウント
  • お問い合わせ
携帯サイト