本日のハーブティ

月が牡牛座の11月満月薬膳ティ

立冬を終えて暦の上では冬来る時期。
お天気に恵まれて気温が10月半ば並みの関東地方です。
寒さに慣れかかった身体が緩んでますが今夜は冷えるそうーーー。
今のうちに身体の中もほっこり薬膳ハーブティで冬支度(冬囲い)しておきましょう。
陰陽生理学(医学占星術)では牡牛座の満月の時は代謝が落ちる、食べ過ぎ、
のどのつまり、甲状腺異常、気管支炎、耳鳴り、のぼせ、肩こりが起きやすい。
この時期旬のりんご、かぶでビタミンC、カルシウム、カリウム、ナトリウムで
ミネラルをしっかり補給して水分バランスを補い、気温上昇で
のぼせ気味になった気を下ろして巡りを改善しましょう。
豊穣の恵みで食べ過ぎの方はこのお茶だけで1日過ごして
お風呂でじっくり汗を流すと冬をどーんと元気に迎えることができるでしょう。
是非ともお試しください!

効果

むくみ改善、冷え解消、肩こり、偏頭痛改善、ミネラル補給、のどのつまり解消、甲状腺異常緩和

材料

材料4人分 調理時間30分

材料4人分

しょうが   :大さじ1極みじん切り

小かぶ    :1株 葉は1センチ幅みじん切り、かぶは5ミリ幅輪切り

蒸し大豆   : 大さじ 1

りんご(秋映):1/2個  芯をとりのぞき1センチ幅いちょう切り

お酒     :大さじ1

塩      :ひとつまみ

水      :1000CC

 

*好みで仕上げにはちみつカップに小さじ1/3塗りつける

 

 

 

オーガニック薬膳鎌倉rethree&co料理教室は2018年1月末日で終了します。

http://www.genki-recipe.com/class/index.htm

作り方

作り方

1・鍋にしょうがを入れて弱火でひとつまみの塩を入れてしっかり乾煎りします。

  香りを出し水分がなくなったらかぶの葉を加え塩をふりさらに

  じっくり弱火でかき混ぜながら加熱して透き通ったら

  かぶの蕪を加えまた塩をふりじっくり乾煎りします。

2・りんごを入れてお酒を回し入れ弱火でアルコールを飛ばしながらカラメル色になるまで加熱します。

  そして蒸し豆を入れてさっと混ぜ合わせたらお水をゆっくり注いていきます。

3・ときどきかき混ぜながら13分ほど極弱火で抽出させます。

4・茶漉しでカップに注ぎいただく。

 
高遠智子公式ツイッター 高遠智子facebook公式アカウント
  • お問い合わせ
携帯サイト