本日のハーブティ

2017年7月下弦時期猛暑を乗り越えるリラックスティ

今年は北海道から九州まで30度超えの猛暑が続いています。
冷房を入れっぱなしにすると喉から肩、頚椎の肩甲骨、背中、腰の筋肉の
緊張が高まり、喉の痛み、空咳、五十肩、四十肩、ギックリ腰などの症状が
出やすく、身体が軋みます。。
そんな7月下弦時期は自身のダメージポイントを代謝、デトックスさせて
痛みを解放して心身ともにクリアーにするにも最適な時期!
今回メインに使うのは、北海道や、長野、岐阜、山梨で正に旬のハーブ ラベンダー。
ラテン語で洗うという意味があります。
飲むアロマ効果で身体を緩めて心身ともに柔軟にそして利尿作用で腎臓機能を正常化し
内臓のアライメントで気の巡りを良くして次の新月を生まれたて気分で出迎えましょう。

効果

利尿作用、鎮静、鎮痛、抗炎症、紫外線防止、安眠、感情の高ぶり改善、五十肩、神経痛、リウマチ

材料

材料4人分 調理時間15分

材料4人分

オーガニックラベンダー6枝 手でほぐしたもの

なければ下記のサイトでラベンダーティ売っています

↓              小さじ2

http://www.chaoroshisohonpo.net/fs/chaba/ha1013-100

紅茶(ダージリン):小さじ2

ブルーベリー:2粒 半月切り

塩:ひとつまみ

水     :1リットル

 

*好みで仕上げにはちみつカップに小さじ1/3塗りつける

 

 

 

オーガニック薬膳鎌倉rethree&co料理教室は

生徒さま追加募集中です↓

http://www.genki-recipe.com/class/index.html

作り方

作り方

1・鍋にラベンダーを入れて弱火でひとつまみの塩をして

  香りを出し水分がなくなったらブルーベリーを入れ

  じっくり弱火でかき混ぜながら加熱する。

2・水分がなくなったらダージリンの葉を振り入れ

  さっとひとかき混ぜしてからお水をゆっくり注ぐ。

3・木べらでかき混ぜながら6分程弱火で抽出させ火を止める。

4・茶漉しでカップに注ぎいただく。

高遠智子公式ツイッター 高遠智子facebook公式アカウント
  • お問い合わせ
携帯サイト