本日のハーブティ

2017年7月山羊座の満月時期あなたのためのスープ

今日はお天道さまが真上なお昼に満月になります。
山羊座の満月だそう。
山羊というとひげが特徴ですが
今まさに旬のとうもろこしはひげと芯に利尿作用と旨みが凝縮しています。
また、とうもろこしのセルロース(食物繊維)にはデトックス作用や便通促進と
いう働きがあります。
しかしながら、夏バテで消化力の気の力が少なくなるこの時期粒のままですと
胃腸の負担になるので必ずピュレにして使用することがマスト!
温性の働きで腸を潤して血の巡りを良くしてくれる桃と合わせることで
暑気払いしつつ夏冷えを改善します。
また、湿度や冷房で、頭痛、関節痛を伴っている方も多いので大葉を使い
3つの三位一体トライアングルで食べて身体の中から元気に美しく自分治しして
真夏の満月時期クールに過ごしましょう。

効果

暑気払い、腹痛、頭痛、、むくみ、神経痛、リウマチ

材料

材料4人分 調理時間15分

材料4人分

とうもろこし:1本  芯とひげ実に分けておく

桃     :1個  皮をむいて一口大にきっておく

大葉    : 2枚  ざく切り

塩:ひとつまみ

牛乳もしくは豆乳:カップ1

 

仕上げにセージもしくは大葉を添える

 

 

 

オーガニック薬膳鎌倉rethree&co料理教室は

生徒さま追加募集中です↓

http://www.genki-recipe.com/class/index.html

作り方

作り方

1・鍋にとうもろこしの芯とひげ牛乳を注ぎ弱火にかけひとつまみの塩をして6分ほどかき混ぜながら加熱する。

2・とうもろこしの実はミキサーでペーストにしてざるでこし皮と汁に分ける

  (皮は今回使いません、これはスクランブルエッグや、チャーハン、中華スープに使うと旨みになります。) 

3・桃と大葉もミキサーでピュレにする。

5・1の芯とひげをとりのぞき2の汁をかき混ぜながら入れてひとつまみのしおをふり4分ほど弱火で加熱する

6・3を注ぎひとかき混ぜしてさらにひとしおして鍋肌がふつふつしたら火を止めて器に盛り付けハーブを添えて出来上がり

高遠智子公式ツイッター 高遠智子facebook公式アカウント
  • お問い合わせ
携帯サイト