本日のハーブティ

3月上弦時期旬のファイトケミカル薬膳ティ

旬のデトックス食材八朔をまるごと皮も使った
ファイトケミカルたっぷりの薬膳ティです。
身体の中の酸化で血行不良から肩こり、更年期障害、シワ、シミ、肌あれ
旬の疾患花粉症、アレルギー、アトピーが発生しやすい。
五行五色をしっかり意識して彩鮮やかに。
八朔は1個で1日に必要なビタミンC、食物繊維がたっぷり
独特の酸味と苦味が血行障害になっている血管のつまり
内臓脂肪をお掃除するそう。
芽キャベツはスプラウト系、成長ホルモンを刺激してメンタル安定
安眠、ケールはブロッコリーと同様もしくはそれ以上の
ビタミンA、Cが含まれています。エディプルフラワーも実はビタミンCの宝庫
蒸しずきは腎機能を高めて腎臓、肝臓、脾臓をきれいにして
利尿作用を促し、花粉症、血行不良改善、肌荒れ、粘膜保護もあるんです。
梅干し、米酢の天然発酵の働きで助けていただき短時間でまるごと野菜や果物穀物のファイトケミカルを日々摂取して元気に過ごしましょう。

効果

肩こり、腰痛、ストレス改善、肌荒れ、花粉症、神経痛、リウマチ

材料

材料4人分 調理時間30分

材料

八朔:1個 皮は千切りしてひとしおして15分置く。

      身は薄皮も一緒にペーストにする

梅干し:1個 種をとりのぞき細かく叩いておく

ケール:葉3枚 手で細かくちぎる

芽キャベツ :4個 細かくみじん切り

蒸しあずき:大さじ2

米酢 :大さじ2

白湯   :800CC

ピンクソルト :ひとつまみ

エデプルフラワー:4花 黄色、赤。青、白

 

オーガニック薬膳鎌倉rethree&co料理教室は

生徒さま追加募集中です↓

http://www.genki-recipe.com/class/index.html

作り方

作り方

1・鍋に下ごしらえした八朔の皮を入れて弱火でひとつまみの塩をして香りを出し

  薄いカラメル色になるまでしっかり乾煎りする。

2・芽キャベツ、ケールを入れてさらにひとつまみ塩をふり

  かき混ぜながら弱火加熱し香ばしい野菜のロースト臭、漢方臭を

  かぎながら乾煎りして梅干し米酢を入れて水分を飛ばす。

3・八朔のペースト、蒸しあずきをゆっくりかき混ぜながら流し入れて

  鍋肌が少しふつふつしたら白湯を注ぎかき混ぜながらじっくりと6分抽出。

  (弱火です)

4・火を止めて茶漉しでこしてカップに注ぎエディプルフラワーと一緒に

  深い呼吸(腹式呼吸)しながらいただく。

  

高遠智子公式ツイッター 高遠智子facebook公式アカウント
  • お問い合わせ
携帯サイト